避妊薬であるピルは、女性が服用する薬となっております。避妊のためにピルを服用することで排卵を阻止し、受精を防ぐ事ができるので妊娠する心配がありません。しかし、ピルを飲み忘れてしますと効果は下がってしまうので注意してください。

笑っている女性と黄色の錠剤
  • ホーム
  • 避妊薬を飲んでいれば絶対に妊娠しないのか

避妊薬を飲んでいれば絶対に妊娠しないのか

微笑んでいる女性

避妊薬を飲んでいれば絶対に、妊娠しないのかというとそのようなことはありません。
性行為をすれば妊娠することが出来ない体でもなければ、常に妊娠の可能性はあるのです。
しかし、避妊薬の避妊の確率というのは正しく服用をしていればほぼ確実に妊娠をしないと言えるレベルであるため、避妊薬を飲んでそれでも不安だというのであればこれ以上確実な方法は性行為をしないということしかないレベルには安全なものとなっています。
避妊薬を服用していて妊娠をしてしまう可能性というのは、それこそ万が一というレベルの話であり正しく服用をしているのであれば妊娠の心配をすることはないでしょう。
ただし、服用法が間違っていれば当然効果がなくなってしまいますから、正しい服用を心がけるようにしましょう。
避妊薬は飲み始めてすぐに効果があるというわけではないので、効果が出る前に避妊をしないで性行為を行えば妊娠をしてしまう可能性があります。
次に飲み忘れも避妊に失敗をしてしまう理由で、避妊薬は決められた期間しっかりと飲み続けなければ効果がなくなってしまいますので、飲み忘れたことに気づかずに性行為をして妊娠をしてしまうという可能性もあります。
正しく服用をしていればほぼ確実な方法ではありますが、それを間違っていれば妊娠をしてしまう可能性が出てきますから十分に注意をするようにしましょう。
妊娠を避けるために避妊薬を飲んでいるにもかかわらず、それで油断をして妊娠をしてしまったということになってしまうと取り返しの付かないことになってしまいますから、避妊薬を飲んでいるからといって油断をせずに本当に性行為をして大丈夫な時期なのか、飲み忘れはないのかということをよく確認しておきましょう。

人気記事一覧