避妊薬であるピルは、女性が服用する薬となっております。避妊のためにピルを服用することで排卵を阻止し、受精を防ぐ事ができるので妊娠する心配がありません。しかし、ピルを飲み忘れてしますと効果は下がってしまうので注意してください。

笑っている女性と黄色の錠剤
  • ホーム
  • 避妊薬の服用で短期間だけ吹き出物が出る方もいる

避妊薬の服用で短期間だけ吹き出物が出る方もいる

笑顔の女性

女性が望まない妊娠を避けることができる医薬品として、世界中で広く知られてる避妊薬であるピルは、我が国においてもようやく、女性の社会進出が進んでいる現代には、なくてはならない価値ある医薬品として認識されるようになりつつあります。
女性の身体は妊娠すると、心身ともに大きく変化していくので、今まで通りの生活が送れなくなってしまうこともあります。
責任ある仕事を持っている女性に取って、予定外の妊娠は絶対に避けなければならない問題でもあるので、ピルを服用して、自身の身体をしっかりと管理し、子供を持つタイミングは自分で決める、という高い意識を持つ方も増えています。
近年日本でも低用量ピルが解禁となり、より少ないホルモン量の服用で、高い避妊効果が期待できるようになり、深刻な副作用に悩まされることもなくなり、女性に取ってはとても喜ばしい傾向です。
しかし低用量といえどもホルモン剤であることには変わりはないので、体質によっては、ピルが身体に慣れるまで、短期間ではありますが、副作用を感じてしまう方もいるようです。
具体的にどのような症状が現れるのかというと、倦怠感や軽い吐き気、頭痛やニキビなどの吹き出物、生理以外の少量の不正出血などが挙げられますが、いずれも、一、二か月ほどでなくなっていくので、それほど心配する必要はありません。
どうしても副作用の症状がつらく感じてしまう場合には、処方してもらったクリニックで相談すれば、違う種類のピルに変えてくれるので、自分に合うピルが見つかるまで、遠慮せずに相談してみましょう。
日本に流通しているピルにはいろいろな種類があり、必ず身体に合うものが見つかるので、我慢して飲み続けることはありません。

人気記事一覧